冷房

“住” の工夫 〜冷房

  
  スポンサードリンク


     “住” の工夫 〜冷房



     「“住”の工夫 〜冷房」 ──。

     以下には、「“住”の工夫 〜冷房」として、
     私たちが【 健康と地球環境にやさしい、こころ豊かな暮らし方。 】
     を実現する為に、
     日頃から心掛けたい事や、実践できる事を書き並べてみました。

     意外と簡単にできる事ばかりです。
     できる事からはじめてみてはいかがでしょうか──。


  スポンサードリンク
  



   ■ “住”の工夫 〜冷房

     日本の年間の電力消費量は、夏の時期が最も高くなっています。
     冷房(エアコン)などの使用が原因です。

     朝夕は割りと過ごしやすい時期もあるので、必要な時にだけつけたいものです。
     また、「設定温度」、「風向き」や「風量」、「冷房環境」などにも気を配り、
     暑い夏を快適に過ごしましょう。


   ●「エアコン」 〜冷房

      エアコン(冷房)

    「設定温度
    ・夏の冷房時の設定温度は 28 ℃に。
     エアコンの設定温度を 1 ℃変えた(上げた)だけで、約 10 %の節電になります。
     夏のエアコンの設定温度は 28 ℃が理想と言われています。

     エアコンでの冷やし過ぎは電気代が掛かるだけではなく、体にも良くありません。
     外気との温度差が 7 ℃以上になると、人は不快と感じ、
     冷えやめまい、頭痛などの冷房病の原因にもなります。

    「風向き
    ・風の吹き出し口は上向き(水平)に。
     冷たい空気は部屋の下の方に溜まりやすい為、
     風の吹き出し口は上向き(水平)に設定すると良いでしょう。
     まんべんなく部屋を冷やす事ができます。

    「風量
    ・風量は弱風や微風よりも、自動運転に。
     風量は、自動にしておけば、部屋が冷えるまでは強風で、その後は微風でと、
     一番効率の良い運転をしてくれます。

     弱風や微風にしておくと効率良く部屋が冷えない為、
     逆に電気代が掛かってしまいます。

    「冷房環境
    ・エアコンの吹き出し口のそばやすぐ下を、家具などで塞がないようにしましょう。
     冷気が遮断されてしまい、十分な冷房の効果が発揮されなくなってしまいます。

    「室外機
    ・室外機は熱交換をする重要な部分です。
     その室外機が直射日光にさらされていては、十分な熱交換ができず、
     余計な電気代が掛かってしまいます。

     直射日光が当たる環境に室外機が置かれている場合は、
     室外機の上に日よけを作ったり、板を乗せるなどの工夫が必要です。
     ですが、室外機はカバーなどで覆ってはいけません。

     放熱が十分できなくなってしまうので、室外機はカバーで覆ったり、
     周囲に障害物を置いたりしないようにしましょう。
     また、なるべく風通しの良い場所に設置しましょう。

    「メンテナンス
    ・こまめにフィルターの掃除をしましょう。
     フィルターがゴミやホコリで目詰まりしていると、冷房効果 が低下し、
     電気代の無駄使いになります。

     目詰まりしたままだと、
     1 シーズンで 5 〜 10 %程度効率が下がるとも言われています。
     シーズン中は、最低 2 週間に 1 度くらいの割合でフィルター掃除をしましょう。

    ・しばらく使っていなかったエアコンの内部には、
     空気を汚し、健康にも害を及ぼすカビが繁殖している可能性がありますので、
     専門業者にクリーニングを依頼するのも良いでしょう。


   ●「扇風機」 〜冷房

        扇風機

    ・エアコンを使う時には、エアコンの設置場所などにより、
     どうしても冷気が偏ってしまいますので、扇風機を併用し、
     冷たい空気を部屋中に行き渡らせましょう。

    ・風がカラダにあたると涼しく感じ、体感温度は 2 ℃程度違います。
     扇風機の消費電力はごくわずかなので、是非とも活用しましょう。
     (1 日 6 時間、1 ヶ月間使用したとしても、電気代は 100 〜 150 円程度です。)


   ●「カーテン・ブラインド」〜冷房

    ・カーテンやブラインドを閉めて、直射日光を遮り、窓からの熱気を防ぎましょう。
     ガラス 1 枚の窓ならば、レースのカーテン 1 枚だけでもずいぶんと差が出ます。

    ・外出時は、昼間でもカーテンやブラインドを閉めると効果的です。
     また、夏の風物である「すだれ」や「よしず」を使って
     日差しを防ぐのも良いでしょう。


   ●「省エネ製品」〜冷房

    ・エアコンや冷房機器・器具などの省エネ効率は毎年向上しています。
     使用中にかかる光熱費を比較してみると、買う時に少々高くても、
     省エネ効率のよい製品の方が数年で元が取れる事が多くあります。
     長く使う事が多い製品こそ、使っている間の事まで考えて選びましょう。


   ●「その他」〜冷房

    ・ドア・窓の開閉は少なくしましょう。せっかくの冷気が逃げてしまいます。
     クールビズを行ったり、外に打ち水をしたりするのも効果的です。

    ・外から帰ってきて、すぐにエアコンのスイッチを入れるのではなく、
     まず換気をして、部屋の中の熱気を外に出してからエアコンをつけた方が、
     すばやく部屋を冷やす事ができます。


  スポンサードリンク

  TOP Page



  Contents
  ライフスタイル
 → まずは、スローダウンしませんか?
 → スローライフって田舎暮らしで農業なイメージ?
 → 農業をやりたいな、と考えたとき 〜就農
 → ロハスってお金持ちなイメージ?
 → 地球にやさしいライフスタイル
  環境
 → 地球温暖化ってなに?
 → 地球温暖化の影響 〜世界
 → 地球温暖化の影響 〜日本
 → 地球温暖化の影響 〜頻発する異常気象
 → 地球温暖化の対策 〜京都議定書
 → 3R(すりーあーる,さんあーる)ってなに?
 → グリーン購入ってなに?
  
 → “衣” の工夫 〜夏
 → “衣” の工夫 〜冬
  
 → “食” の工夫 〜食材
 → “食” の工夫 〜調理器具
 → “食” の工夫 〜冷蔵庫
  「いただきます」「ごちそうさま」
 → 食と犯罪
 → 食の安全
 → 旬のものっていいの?
 → 地のものっていいの? 〜地産地消
  
 → “住” の工夫 〜冷房
 → “住” の工夫 〜暖房
 → “住” の工夫 〜照明
 → “住” の工夫 〜お風呂
 → “住” の工夫 〜洗濯
 → “住” の工夫 〜掃除
 → “住” の工夫 〜トイレ
 → “住” の工夫 〜AV機器
 → “車” の工夫(スローなカーライフ)

  スポンサードリンク     スポンサードリンク
  


  

  



 ■ 現在位置    

  TOP Page
      ▽
  Contents
   《  住  》
      ▽
 ■ “住” の工夫 〜冷房

Copyright(C) 【 スローライフとロハスな暮らし。 】 All Rights Reserved