暖房

“住” の工夫 〜暖房

  
  スポンサードリンク


     “住” の工夫 〜暖房



     「“住”の工夫 〜暖房」 ──。

     以下には、「“住”の工夫 〜暖房」として、
     私たちが【 健康と地球環境にやさしい、こころ豊かな暮らし方。 】
     を実現する為に、
     日頃から心掛けたい事や、実践できる事を書き並べてみました。

     意外と簡単にできる事ばかりです。
     できる事からはじめてみてはいかがでしょうか──。


  スポンサードリンク
  



   ■ “住”の工夫 〜暖房

     家庭で暖房を使用した時に出る二酸化炭素は、冷房よりも多くなっています。
     「化石燃料」を燃やすと「温室効果ガス」である二酸化炭素が出てしまいます。

     冬の暖房を効率良く行って、電気や灯油、ガスなどを使う量を減らすと、
     家庭から出る二酸化炭素の量を減らす事ができるでしょう。

     また、「設定温度」、「風向き」や「風量」、「暖房環境」などにも気を配り、
     寒い冬を快適に過ごしましょう。


   ●「エアコン」 〜暖房

      エアコン(暖房)

    「設定温度
    ・冬の暖房時の設定温度は 20 ℃に。
     エアコンの設定温度を 1 ℃変えた(下げた)だけで、約 10 %の節電になります。
     冬のエアコンの設定温度は 20 ℃が理想と言われています。

    「風向き
    ・風の吹き出し口は下向き(垂直)に。
     暖かい空気は部屋の上の方に溜まりやすい為、
     風の吹き出し口は下向き(垂直)に設定すると良いでしょう。
     まんべんなく部屋を暖める事ができます。

    「風量
    ・風量は弱風や微風よりも、自動運転に。
     風量は、自動にしておけば、部屋が暖まるまでは強風で、その後は微風でと、
     一番効率の良い運転をしてくれます。
     弱風や微風にしておくと効率良く部屋が温まらない為、
     逆に電気代が掛かってしまいます。

    「暖房環境
    ・エアコンの吹き出し口のそばやすぐ下を、家具などで塞がないようにしましょう。
     暖気が遮断されてしまい、十分な暖房の効果が発揮されなくなってしまいます。

    「メンテナンス
    ・こまめにフィルターの掃除をしましょう。
     フィルターがゴミやホコリで目詰まりしていると、暖房効果 が低下し、
     電気代の無駄使いになります。

     目詰まりしたままだと
     1 シーズンで 5 〜 10 %程度効率が下がるとも言われています。
     シーズン中は、最低 2 週間に 1 度くらいの割合でフィルター掃除をしましょう。

    ・しばらく使っていなかったエアコンの内部には、
     空気を汚し、健康にも害を及ぼすカビが繁殖しているかも知れませんので、
     専門業者にクリーニングを依頼するのも良いでしょう。


   ●「扇風機」 〜暖房

        扇風機

     扇風機、夏が終ると片付けてしまっていませんか?
     実は冬にも扇風機を使うと、効果的に暖房する事が出来ます。
     エアコンなどの暖房機器を使う時には、扇風機を併用しましょう。

     暖かい空気は部屋の上の方にたまります。
     扇風機を使って部屋の空気を循環させると、まんべんなく部屋が暖まるのです。
     扇風機の消費電力はごく少ないので、是非とも活用しましょう。
     (1 日 6 時間、1 ヶ月間使用したとしても、電気代は 100 〜 150 円程度です。)


   ●「石油(ガス)ファンヒーター・ストーブ」 〜暖房

        ストーブ

    ・エアコンと同じく、
     「設定温度」「風向き」「風量」「暖房環境」「メンテナンス」
     などにも気を配りましょう。

     ストーブの場合は、炎の加減に気を配りましょう。
     炎が大きいと煙の出る原因となり空気を汚します。

    ・早目のOFFを心掛けましょう。
     室温は急には下がりませんので、お出掛けや寝る 15 分くらい前に切りましょう。
     ストーブの場合は、火力調整ダイアルをゆっくり回して消火すれば、
     消火時の煙の量を少なくできます。


   ●「電気こたつ」 〜暖房

      電気こたつ

    ・ファンヒーターやストーブ、エアコンなどと併用する場合は、
     控え目な温度設定を心掛けましょう。

    ・こたつは主に腰から下を暖める暖房機器なので、上半身は寒くなりがちです。
     カーディガンなどを 1 枚多めに着込む事が暖かさのポイントです。
     また、こたつ布団と一緒に敷布団と上掛けも使用しましょう。


   ●「電気カーペット」 〜暖房

    ・設定温度は低目にしましょう。

    ・部屋の広さや用途に合ったものを選びましょう。
     カーペットを分割して暖める機能もあるので、それらを選ぶと良いでしょう。

    ・床にじかに敷くと、熱が床に逃げて暖房効率が下がりますので、
     電気カーペットの下に断熱マットなどを敷くと暖房効率は上がりますので、
     是非とも活用しましょう。


   ●「カーテン・ブラインド」 〜暖房

    ・カーテンは厚手のもので、床まで届く長いカーテンを選びましょう。
     せっかく家の中を暖めても、実は家自体から熱が逃げています。
     特に熱の 38 %が窓やドアなどの開口部から逃げています。

     カーテンやブラインドを活用して開口部から逃げる熱を防ぐと、
     部屋の温かさを保つ事が出来ます。

     カーテンは床までいっぱいに吊るし、閉める時には隙間がないようにすると、
     より効果的です。


   ●「省エネ製品」 〜暖房

    ・エアコンや暖房機器・器具などの省エネ効率は毎年向上しています。
     使用中にかかる光熱費を比較してみると、買う時に少々高くても、
     省エネ効率のよい製品の方が数年で元が取れる事が多くあります。
     長く使う事が多い製品こそ、使っている間の事まで考えて選びましょう。


   ●「その他」 〜暖房

    ・ドア・窓の開閉は少なくしましょう。
     せっかくの暖気が逃げてしまいます。

     但し、石油ファンヒーター・ストーブなどを使用している場合は、
     特に換気に注意しなければなりません。
     1 〜 2 時間に 1 回くらいは窓を開けて換気を行いましょう。

    ・暖房が効き過ぎた部屋の中で薄着でいたりしていませんか?
     ウォームビズなどを行い、快適に過ごす努力をしましょう。

    ・湯たんぽなど、昔ながらの暖房機器もオススメです。
     ヒーターなどと違い、皮膚が乾燥しません(喉が渇かない)。
     水の入れ替えなど面倒な部分もありますが、残り湯で顔や食器を洗えるなど、
     注目のエコ暖房機器です。



  
  スポンサードリンク

  TOP Page



  Contents
  ライフスタイル
 → まずは、スローダウンしませんか?
 → スローライフって田舎暮らしで農業なイメージ?
 → 農業をやりたいな、と考えたとき 〜就農
 → ロハスってお金持ちなイメージ?
 → 地球にやさしいライフスタイル
  環境
 → 地球温暖化ってなに?
 → 地球温暖化の影響 〜世界
 → 地球温暖化の影響 〜日本
 → 地球温暖化の影響 〜頻発する異常気象
 → 地球温暖化の対策 〜京都議定書
 → 3R(すりーあーる,さんあーる)ってなに?
 → グリーン購入ってなに?
  
 → “衣” の工夫 〜夏
 → “衣” の工夫 〜冬
  
 → “食” の工夫 〜食材
 → “食” の工夫 〜調理器具
 → “食” の工夫 〜冷蔵庫
  「いただきます」「ごちそうさま」
 → 食と犯罪
 → 食の安全
 → 旬のものっていいの?
 → 地のものっていいの? 〜地産地消
  
 → “住” の工夫 〜冷房
 → “住” の工夫 〜暖房
 → “住” の工夫 〜照明
 → “住” の工夫 〜お風呂
 → “住” の工夫 〜洗濯
 → “住” の工夫 〜掃除
 → “住” の工夫 〜トイレ
 → “住” の工夫 〜AV機器
 → “車” の工夫(スローなカーライフ)

  スポンサードリンク     スポンサードリンク
  


  


  


























 ■ 現在位置    

  TOP Page
      ▽
  Contents
   《  住  》
      ▽
 ■ “住” の工夫 〜暖房

Copyright(C) 【 スローライフとロハスな暮らし。 】 All Rights Reserved